マインドセットセミナー 第35回

勝ち続ける社長のマインドセットの仕組みとは?

あなたは自信をもって、経営者としてのコア・ビジョンを言えますか?

勝ち続ける社長のマインドセットのメカニズムを教えます!

経営者が抱えている悩み

  • 社員との良好な関係が構築できない
  • No.2や幹部が育たない
  • 新規事業が上手く軌道に乗らない
  • 設定した経営目標をなかなか実現できない
  • 社員が十分に育たない・力を発揮しない
  • ブランド力を向上させたいがうまくいかない
  • 社員の営業力が伸びない
  • 経営に専念したいが、現場から離れられない
  • 事業はうまくいっているが、次のステージにいくために何をしていいかわからない
  • 事業承継を控えているが、何から手をつけて良いかわからない
どんな社長・経営者もぶつかる壁とは?

これらの問題の原因が、本当は、社長・経営者自身の中にあるってことを
薄々気付かれているのではないでしょうか?
本当は自分自身が変われば、すべての悩みも解決することは、
なんとなく分かっているのではないでしょうか?
過去に大きな事を成し遂げた経験がある場合、逆にその成功体験が信念を生み出し、
次のステージへの一歩を無意識で邪魔してしまいます。
これは、能力に関係なく、どんな社長・経営者もぶつかる壁なのです。

社長・経営者は過去に圧倒的な成功体験を持っている?

少し話は変わりますが、社長・経営者の傾向として、
「過去に何かしらの形で、常識を超える負荷を自分に掛けた経験がある。」
ということが多いようです。

その経験は様々ですが、例えば、

  • 部長や学級委員など、常にリーダーだった
  • ある趣味や興味にマニアックなほど没頭していた
  • 学生時代には起業していた
  • 周囲が驚くほど、遊び尽くしていた
  • 営業時代、死にもの狂いで働きトップ営業マンになった
  • 朝から朝まで、研究開発に没頭した
  • ほぼ睡眠をとらずに、
    システム開発やクリエイティブ制作にコミットした

このような立場や経験を通して、早い段階で一般的にはあまり経験しないような
目標や責任にコミットし、成功体験を持っています。

そのため、社長・経営者というのは、普通の人たちよりも、強い信念や価値観を持っているのです。
しかし、次のステージに行くためには、この勝ち取ったマインド(信念や価値観)を手放さなければならないのです。
このプロセスを踏まなければ、どんな戦略、戦術、仕組みを構築しても
次のステージには絶対にいけません。

では、そのマインドは、どのように手に入れることができるのでしょうか?
あたなは、そのマインドを手に入れる方法を知っていますか?

次のステージにいくためのマインドを手に入れろ

結論からいいます。
次のステージにいくためのマインド(信念・価値観)を手に入れる方法は2つです。

方法その1
窮地に追いやられること
  • 生死をさまよう体験
  • 監獄に入る
  • 自己破産を経験する

このような窮地に立たされることで、否応なしに
信念・価値観が崩壊し、
知らぬ間に究極のマインドを手に入れる方がいます。
しかし、これは望んでできるものではありません。
では、どうすれば良いのでしょうか?

方法その2
次のステージのマインドセットを手にいれるメカニズムを知る

簡単です。

次のステージにいくためのマインドセットを
手に入れる手法を知ってしまえば良いのです。
アメリカでは、経営者は当然のこと、
大統領、スポーツ選手、芸能人、その他ビジネスパーソンも、
マインドセットのためのパートナーを付けることは常識です。
つまり、彼らは、そのメカニズムをしっかりと認識しているのです。

マインドセットのメカニズムを教えます!

社長・経営者は、規模に関係なく、
それぞれフェーズにおいて、様々な課題を抱えています。

しかし、同じ売上規模や業界でも、一気に次のステージに上がってしまう
社長・経営者もいれば、急に鈍化する方もいます。
この違いは何なのでしょうか?

明確な答えが一つだけあります。
それは、「次のステージのマインドへ切り替える方法を、
知っているかどうか」
です。

経営する上で、抜けられない何かしらの課題を抱えている場合には、
絶対に、一度受講してみてください。
目から鱗の内容です。
絶対に、自分の内面における発見があることは間違いありません。

しかし、何も課題を抱えていないと思っている社長・経営者は受講しないでください。

次のステージにいきたい、でも課題を抱えていて、突破できない。
でも、絶対に突破する意思がある。

そんな方だけに参加していただきたいと思っています。

セミナーの内容

一部
1 経営者が知っておくべきマインドセットの基礎知識
~社長・経営者が次のステージにいくために知っておくべき6つのこと~
2 マインドセットが絶対に必要な本当の理由?
3 次のステージにいくためのマインドセットの手の入れ方
二部
コーチング・NLPを使った、成功事例の紹介

ご体験者様の声

棚元政夫さん

アルミファクトリー(株)
代表取締役

「経営の壁にトコトン向き合ってぶち当たった人。
真摯に経営を考える人にこそ相応しい時間です。」

当時、僕自身も様々な壁にぶつかって苦しんでて、そういう色々な壁を解決できそうな気がして、受講を決意しました。以前、経営が危うい時期に仕方なく指名解雇した経験があるんです。その経験から、会社を大きくすることへの恐れがありました。また、僕は父親から会社を引き継ぐカタチで社長になったので、そこへのコンプレックスの壁もありました。2代目として先代である父親と色々と比較してしまっていました。・・・

  • セッション中に、覚えていないくらい色々な話を積み重ねていくと、自分自身の無意識みたいなものに最終的にたどり着くんです。それが、コアビジョンへと繋がっていく。なんていうか、世界が先にあって、その中に向かって行くみたいな感覚でした。いわゆるコアビジョンというのは、会社のグランドデザインのそのもっと奥にある「なんでその経営理念ができたんだ?」っていう深層心理みたいなものなんですね。このセッションは、人とカネで悩み抜いて、壁にぶち当たった人に相応しいと思います。自分の未来や目の前にある壁に全力でぶつかることができる人。本気で自分自身と向き合っている人が、ジョーさんのセッションをきちんと結果に繋げられると思います。

つづきを開く

大久保圭太さん

Colorz Consulting(株)
代表取締役

「なんかうまくいってない社長っているじゃないですか。
それは、自分の問題って気付かされたんですよね。」

セッション受講を決意した時は、ちょうど会社も転換期でした。会社の屋号も事務所も変えて、大きくしようって時期で。会社としては好調なんだけど「あれ?自分自身は何がしたいんだっけ?」って。良く分かんなくなっていたんですね。僕の場合、経営してても自分自身のことをじっくり見る時間なんてなかった。それをするのが、セッションだったんじゃないかなと思います。・・・

  • 当時、一番自分が苦しかったのが「カレンダーに追われてる」ってことでした。明日の予定を確認して寝て、起きて、もうカレンダー通りにやるってだけだったんですよ。自分自身で入れてるにも関わらず、もうカレンダーが強迫観念みたいになっていました。ジョーさんとのセッションを通して、本当に必要な予定と、どうでもいいことが明確になった。それは、具体的にタイムスケジュールの管理とかではなく、心の部分できちんと整理ができた。単純に悩みが深ければ深いほど、ジョーさんのセッションは効く。その儲けた先に何があるのか、何を描くのかを真剣に悩んでいる経営者には、ほんとに為になると思います。そこで立ち止まっている経営者は、悩んでいるヒマがあったら受けて欲しいです。僕も一回り大きくなるときには、また相談したいなと思っています。

つづきを開く

平林正浩さん

(株)信濃毎日新聞松本専売所
常務取締役

「現在はモノゴトの捉え方が変化しているので 「壁」にぶつかる気がしません。」

セッション受講前、私の場合は具体的な壁はありませんでした。いずれ「壁」にはぶつかる「だろう」と思っていました。しかし、セッションを通して現在は、モノゴトの捉え方が変化したので「壁」にぶつかる気がしません。図太くかつ柔軟な芯が自分の中にある感じです。・・・

  • 「具体的な悩み」はなくとも、何かしら上手くいっていない感覚から、早く成長したいと強く願う方には受講をおすすめします。セッション中は、サナギの中でドロドロになるのを味わいますが、必ず「蝶」になり羽ばたくことができると思います。

つづきを開く

竹本あかねさん

某大手保険会社 営業職

「変わらなければいけない。 そのこと自体が強迫観念だと気が付きました。」

当時の私は、「自分自身が変わるためには、何かを身に付けなければいけない」と思っていました。しかし、セッションを通して、その考え方自体が、自分自身で作り出した強迫観念という壁だと気が付きました。・・・

  • セッション後は、「自分の軸」をはっきりと持つことができたので、起きたことに左右されなくなりました。成功体験があり、やってきたことに自信はあるけれど、なぜか最近上手くいかないという方にはおすすめです。人生の捉え方が大きく変化する時間になると思いますので、楽しんでください!

つづきを開く

井出寿利さん

(株)井出トマト農園
代表取締役

「自分自身の心の先に会社としてのビジョンがある。
セッションを通してコミュニケーションが変わった。」

私がセッションを受ける時の精神状態をお話すると、「藁をも掴む思い」でした。組織の問題がたくさんあって、本当に苦しい時期だったんですね。父から農園を継いで、まずは商売として運営し、その後に事業化。そこから「経営」へとステップアップした瞬間に足を踏み外したんです。社員の育て方も分からないし、きちんとした関係が作れない。それまでは、私個人のチカラでなんとかなってた部分が、どうにもならなくなりました。・・・

  • セッションが終わってみると、自然とスタッフや人とのコミュニケーションの仕方も変わりました。今では、個人の心の先に会社としての夢があります。成功を目指しているうちに、壁にぶつかることってあると思うんです。壁にぶつかると、ついつい外部要因・外部環境に答えを求めてしまう。けれど、時には自分自身に目を向けることが必要だと思います。これからセッションを受けられる方は、自分自身の望むものをできるだけたくさん持ってきて、ジョーさんにぶつけて欲しいなと思います。きっと叶うと思いますよ。

つづきを開く

高橋巧さん

八戸東和薬品(株)
代表取締役

「自分自身のマインドが整理整頓されて、クリアに。
脳みその在庫削減・カイゼンと言ってもいいかもしれない。」

2代目として経営者になり3年が経ち、様々なプラス要因のおかげで会社の売上が良くなりました。しかし同時に、日々の業務やノルマに追われ、ミッション・ビジョンをもっていない僕は経営者としてダメなのではないかというストレスも感じていました。僕としては、お金を使うってことは、時間を買うってことだと捉えています。だから、ジョーさんのプログラムを受けることで、数年分の経験をギュッと濃縮して得られるんじゃないかという直感がありました。・・・

  • 僕にとって、心の中をきちんと整理するためにジョーさんのセッションが効いた。結果、セッションを受ける前よりも、ニュートラルに物事に対応できるようになりました。起きている物事を自分の感情により大きくしたりも小さくしたりもせず、適正なサイズで考えることが出来るようになった。その結果、以前よりもリラックスして経営をしています。ジョーさんのセッションは、去年と悩みが変わっていない、しなければいけない決断を先延ばしにしている経営者には受講をお勧めします。時間を有効に使うことにも繋がりますし、自分の能力により磨きがかけられるはずです。

つづきを開く

講師紹介

秋山 ジョー 賢司

KENJI JOE AKIYAMA

オフィシャルサイト

資格・トレーニング

コミュニケーション、心理学系

・CTC認定コーチ
・CTC認定トレーナー
・NLPプラクティショナー認定トレーニング 修了

解剖/生理/人体系

・柔道整復師(国家資格)

自然/生態系

・NAUIダイビングインストラクター
・PADIダイビングインストラクター
・HCDインストラクター(ハンディーキャップ・ダイビング)
・CONE 自然体験学習指導員
 沖縄において、生きる、自然、をテーマに生態学を学ぶ。

経歴

1990年

マーケティング会社 (株)インテージに就職。
入社3年目にして、様々な業界のトップメーカーのブランド戦略を担当。

1997年

オーストラリア留学。

1998年

沖縄No.1ダイビングサービス(株)シーサーに就職。 統括マネージャーとして従事。 新店舗の立ち上げ(2年目で4倍増)やマリンスポーツ業界への 新規事業参入を担当。

2004年

人体の構造・生理学に興味を持ち、 より専門的な知識・経験を得るため柔道整復師の資格取得を決意。 柔道整復師の専門学校に通う傍ら、学校法人山野学苑に勤務。 美容家山野愛子ジェーンの秘書として、「美道」精神と美容教育普及をサポート。

2007年

いち早くコーチングを日本に導入した中野美加氏よりコーチングを学ぶ。
コーチングの資格を取得後,現場でコーチングを活用。

2009年

メンタルコーチとして独立。 独立初年度で年収1200万円を突破。

2010年

企業の経営者+管理職をまるごとコーチングセッションの対象にする「コーポレート・コーチング サービス」を開始。 数々の企業全体の改革と活性化に寄与する。 専門学校を希望している高校生に「自分ブランド」というテーマで講演。 20回、延べ1800名の高校生に向けて講演。

2011年

国際的一流NLPトレーナーであるジェフ・デューガン氏よりNLPを学ぶため、タスマニアに渡る。
山野美容芸術短期大学 国際コミュニケーション学科において2年間にわたり講師担当。
山野美容芸術短期大学にて、高校生を対象にしたサマースクール「上質なコミュニケーション・センスを磨く/企業に求められる自分に近づく3日間」を担当。

2012年

大手飲食企業において、1000名以上の社員をコーチに育成する。という業界初のプロジェクトに参画。 2014年までに1100名以上のコーチを認定。離職率の大幅な低下に貢献。

2014年

経営コンサルタント石原明氏に、コーチング・NLPの能力を認められ、 経営コンサルティングファーム「CKPLAT」のコンサルタントとして参画。 現在、社長・経営者向けのエグゼクティブコーチング・トレーナーとして、経営支援に従事している。

約3,500社の経営者を指導した
経営コンサルタントも推奨!

石原 明

経営コンサルタント
日本経営教育研究所代表
高収益トップ3%倶楽部 主宰

これまで業種・業界を問わず、約3,500社の経営者を指導させていただきましたが、会社の発展に伴い、必ず経営者がぶつかる課題の一つが「自己変革」の問題です。リーダー社員が育たない、社員が責任を持って自発的に仕事ができない、現場を離れられない等、さまざまな問題を抱えている社長・経営者がいると思います。しかし、実際には社長・経営者本人の「心理的な状態」が原因であることが殆どです。社員研修、人事評価制度の導入、その他新しい仕組みを取り入れても、社長・経営者自身の「マインドセット」を変えない限り、仕組みは機能しません。目の前の壁を軽々と超えていく社長・経営者に共通していることは、真の自己の使命に帯び、「マインドセット」が確立しているということです。秋山氏は、社長・経営者の「マインドセット」の確立を導くことのできる一流のコーチング・トレーナーです。是非、一度この講座で「マインドセット」の構築法について学んでみてはいかがでしょうか。

優秀な社長・経営者限定
  • 幹部社員や現場スタッフとの
    ギクシャくした関係を改善したい経営者
  • 優秀な社員を育成したい経営者
  • 過去の成功パターンにこだわらず、
    新しい方策で企業成長をはかりたい経営者
  • 新規事業の立ち上げを成功させたい経営者
  • 銀行借入に対する恐怖を払拭し、
    事業を拡大した経営者
  • 既存のビジネスの成長に限界を感じ、
    新しいビジネスを立ち上げたい経営者
  • プレーヤー領域からマネジメント領域へ移行して、
    経営業務に専念したい経営者

セミナーの詳細について

日 時 第34回 2017年 10月11日(水)18:00~20:00(開場17:45~) 満員御礼
● 第35回 2017年 11月 7日(火)18:00~20:00(開場17:45~)
● 第36回 2017年 12月 6日(水)18:00~20:00(開場17:45~)
定 員 5名限定(先着順)
参加費 講座料金:3,000円(税込・当日現金払い)
場 所 究和エンタープライズコンコード株式会社
セミナールーム【地図はこちら】
〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-4-3 光文恒産ビル10F
都営地下鉄 三田線/半蔵門線/新宿線
神保町駅 「A8」 出口より徒歩1分

参加申込みフォーム

○ 下記フォームに必要事項を入力後、確認ボタンを押してください。 は必須

会社名/屋号
参加者氏名
E-mail
電話番号
FAX番号
所在地
住所
参加希望日時 第34回 2017年 10月11日(水)18:00~20:00(開場17:45~) 満員御礼

備考